DMMスマホ

DMMスマホはどうして安いのか?

DMMスマホは格安スマホの中でも本当に安いのです。
なんと月額440円からサービスが揃っています。

 

なぜ安いのかというとNTTドコモから回線を一括に購入して、それを販売しているからです。
これをMVNOといいますが、今の格安スマホは、このMVNOを利用しています。

ドコモのスマホと比較すると月額4830円安い

たとえば、NTTドコモのスマホでカケホーダイプラン+SPモード+データMパック(5GB)、利用年数5年未満で2年間の定額契約ありプランを利用した場合の合計金額は8000円(2014年12月現在)。

 

これと同等のサービスをDMMスマホでは、3170円で受けられます(通話料30分含む)。

 

だいたい、スマホを利用している人の多くが7000円から8000円の利用料を払っています。
それをDMMスマホにすれば、2000円台でもサービスを受けることが可能です。

最安でDMMスマホを利用する方法

DMMスマホ

これはDMMスマホの「Ascend G620S」。
DMMスマホでは最安で定価22200円。
安いけど、機能はすべて揃っています。
画面は5インチ、4GLET対応、800万画素カメラ、WiFi対応、デザリング可能、ブルートゥースなどです。

 

これが月額999円、24回払いで購入できます。
だから、999円+1140円(データライト)=2139円/月額でサービスを受けられるのです。
すごいですね。
それでMNPを利用すれば、今と同じ電話番号を利用できます。

 


安いSIMフリースマホを買って、DMMスマホサービスを利用する

実はもっと安い方法があります。
これはアマゾンで販売している「geanee FXC-35 SIMフリースマートフォン 」。

 

 

価格はなんと7980円。

これを購入して、DMMスマホのSIMカードをさせばサービスを受けられます。
そうすると、1140円/月額でスマホで通話、通信ができるわけです。

 

だから、初期経費は、DMMの新規契約手数料3000円、スマホ代7980円、基本料1140円=11200円。
あとは月額で基本料1140円+通話料となります。
ちなみに、通話料は20円/30秒となっています。

 

ただし、このスマホは、FOMAプラスエリアに対応でLTEには対応してないので遅いです。でも、ライトプランで安いです。
デュアルSIMスロット搭載のアンドロイドスマホ。
ディスプレイサイズは3.5インチと小さい。
カメラは200万画素で、ほかにも充分な機能がありますよ。

 

本当に爆安ですよね。
一度、検討してみてください。

 

carpet-cleaning-in-queens.com christmas-in-oaxaca.com ima-trends.com